<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「鯛おこわ」
もち米
鯛のあら
大葉
自家製ゆかり
出汁昆布

金胡麻
(費用計:600円程 鯛のあら300円)
 
以前作った「鯛おこわ」が手前みそながら絶品だったので、また作りました。
鯛ご飯は炊き込みご飯も美味しいですが、私は断然おこわ派〜(´∀`人)

作り方は以下の通りで、ちょっと手間が掛かります。

<鯛の出汁作り>
 ・鯛のあらを綺麗に洗い、塩を振って30分程置いておく(臭みを出す為の下処理)
 ・鯛のあらから出た水気を拭き取り、魚焼きグリルでこんがりと焼く
 ・鍋に水と出汁昆布を入れ、焼いた鯛のあらを加えて火にかけて出汁を取る(途中で昆布は取る)
 ・あらかた出汁が取れたら鯛のあらを取り除き、身をほぐしておく

<鯛おこわ作り>
 ・洗ったもち米を鯛の出汁に浸水させて数時間(3時間以上)置いてから蒸す
  (鯛の出汁の旨味をしっかりと吸わせる!)
 ・途中で鯛の出汁に塩を加えた物を振りかけて更に蒸す
 ・蒸し上がったところでほぐしておいた鯛の身を加えて蒸らす

仕上げは大葉とゆかり、金胡麻を振れば出来上がりです。

鯛の出汁は複数回分とれるので、鯛の身は
初回はあら、二回目以降はお刺身用の柵で作ってみてください。
お刺身用の柵を使った方が美味しいので、二回目以降からの方が美味しいです(笑)。

★器メモ:小石原焼・翁明窯さんの8寸浅鉢
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応/醸造用イーストアレルギー対応
-->




「真鯖と茗荷の炊き込みご飯(鯖ご飯)」

白米
真鯖
茗荷
新生姜
出汁

薄口醤油

(費用計:650円程 鯖333円、茗荷150円)
 
今年の7月くらいからダイエット目的というよりはアンチエイジング目的で
ゆる〜い糖質制限=>お米を食べないをやっているysykさん。

お米はどうしても食べたい料理だけで食べようと思っていて、
今日はその内の一つ「鯖ご飯」です。

鯖と新生姜、茗荷を使った炊き込みご飯で作り方は以下の通り。

 ・お米と新生姜を出汁と調味料(出汁10:酒1:薄口醤油1)で炊く
 ・炊きあがったら茗荷を散らして蒸らす
 ・焼いておいた鯖をご飯に乗せる

夏の胡麻鯖は好みじゃないので真鯖が出回るのがどんなに待ち遠しかったことか(´艸`*)

今の季節、秋刀魚ご飯も良いですが鯖ご飯も美味しいですよ〜〜!
鯖好きさんは是非作って頂きたい炊き込みご飯であります。

★器メモ:ストウブ ラウンドピコココット18cm
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「タイ風 鶏肉とバジルの炒飯(ガパオ炒飯)」
白米
鶏胸肉
バジル
赤玉葱
にんにく
赤ピーマン
さやいんげん
赤唐辛子
ヌクマム
シーユーカオ
オイスターソース
砂糖
胡椒
(費用計:400円程 ささみ100円、バジル130円)
 
味澤ペンシーさんの「10分で野菜の本格タイごはん」のガパオライスが美味しかったので、
今度はガパオ炒飯(カオクルックガパオ)に挑戦しました。

現地では、こちらの方がご飯全体に味と香りが馴染むので
ガパオライスよりも人気が高いんだそうです

作り方からすると「炒飯」と言うよりは「混ぜご飯」という感じですね。

ガパオライス同様に鶏肉と野菜を炒めて調味したら、
温かいご飯を加えて全体を馴染ませるだけなので炒飯よりもお手軽でした。

旦那さんの分だけに目玉焼き(失敗w)を乗っけて頂きましたが、
確かに全体に味が馴染んではっきりしたお味。悪く言えば全部同じ味で単調とも言える(´Д`;)

私はガパオライスの方が好きだなー。
そんでもって鶏肉はささみで作った方が美味しい。

★器メモ:中田雄一さんの7.5寸リム皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「生栗の炊き込みご飯(栗ご飯)」

生栗
白米
もち米

塩水
出汁昆布
太白胡麻油
(費用計:350円程)
 
生栗がスーパーの店頭に並び始めましたね〜。
週末に栗仕事を済ませておいたので、今年初の「栗ご飯」の登場です(´ε`)

今回は小河雅司さんのレシピを参考に基本的な作り方に+αを加えて作ってみました。
昆布出汁で炊くというのは同じなんですが、

加わった+αは

・もち米は洗わない
・米に太白胡麻油をまぶす
・塩水の塩分濃度を高める

の3点。
んで、出来上がりを食べてみて思ったのは以下の通りでした。

・もち米を洗わない → 私は好みに合わなかった。新鮮なもち米だけが有効では?
・米に太白胡麻油をまぶす → お米の粒の存在感が増している
・塩水の塩分濃度を高める → いつもよりもずっと塩気が強いけど栗ご飯には合ってる

庶民が手に入るレベルのもち米はしっかり給水させた方が良いんじゃないかなーと感じたので、
もち米のテクニック以外は今後の栗ご飯に取り入れようかと。

でも私が一番食べたい栗ご飯はこの栗ご飯では無く渡り蟹の入った栗ご飯(´∀`人)
去年作ってすっごく美味しかったので今年も作る気満々です。

★器メモ:小石原ポタリーのスープボウルS
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
-->