<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「豚肉と人参の麻婆春雨」
豚肉切り落とし
緑豆春雨
人参
青葱
新生姜
にんにく
鶏ガラスープ
豆板醤

そら豆醤油
黒酢
砂糖
胡麻油
(費用計:400円程 黒豚200円、春雨120円)
 
そびえ立つ麻婆春雨。

以前作って美味しかった
藤井恵さんのレシピ「春雨とにんじんのマーボー炒め」のリピです。

前回は以下のように作っていたログがあったので、

 ・しゃぶしゃぶ用豚肉を挽肉化+人参3本+春雨100g+調味レシピ通り

今回は

 ・黒豚切り落としを挽肉化+人参1.5本+春雨100g+調味レシピ通り

で作ってみました。
人参が半量になった程度なので、出来上がりもそう大差はないと思っていたのですが
前回の方が美味しかった気がします(´・ω・`)

豚肉や調味料などよりも人参の風味が案外一番大事なのかもですね。

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/大豆アレルギー対応/小麦アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->




「タイ風 油そば(バミーヘーンムーデン)」

中華そば
豚もも肉ブロック
青葱
小松菜
四角豆
にんにく
赤唐辛子
レモン
バターピーナッツ
ヌクマム
オイスターソース
トマトケチャップ
シーユーカオ
シーユーダムワン
砂糖
(費用計:600円程 中華麺250円、豚肉240円)
 
大活躍している鈴木都さんの「本場仕込みのタイごはん」
「バミーヘーン」も押さえているあたりがなんともニクイ。

バミーヘーンとは「汁無し麺」の事で、にんにくオイルを掛けた油そば。
卓上の調味料で自分好みに仕上げて食べるタイの定番屋台メニューの一つです。

レシピを見たら簡単に作れるものだったので挑戦してみました(゚∀゚)

タイで食べた物が美味しかったのでたっぷり1人前を2人前量で作ったんですが、
食べながら

 あれ?なんか違う・・・

と感じる戸惑いは否めない。。

答えは簡単でした。
選んだ中華麺が太すぎたのです。

タイでは極細なのに、私が選んだのはちゃんぽん麺(笑)。
そりゃ違う筈だ〜〜(´Д`;)

★器メモ:小石原焼・鶴見窯さんの8寸浅鉢
乳製品アレルギー対応
-->




「タイ風 焼きそば(パッタイ)」
センレック(2mm)
海老
素干し桜海老

もやし
にんにく

バターピーナッツ
黒酢
ケチャップ
ヌクマム
シーユーカオ
シーズニングソース
ココナッツシュガー
(費用計:400円程 海老150円)


先日食べたばっかりのパッタイですが、
今日は定番のタマリンドでは無くケチャップを使って作るレシピで作ってみました。

参考にしたレシピは鈴木都さんの「本場仕込みのタイごはん」なのですが、
ほぼ同じレシピがネットにも掲載されていたので貼っておきますね→こちら

パッタイを上手に作るポイント

 ・麺を入れすぎない

を今回もきちんと意識したので大体バランス良く作れました

が。

ケチャップパッタイは個人的にNGでしたわ・・・。
どうしても舌がケチャップの味を探してしまいます(´Д`;)

自分で作った物や日本&バンコクで食べてきた物も含めて、
パッタイは作る人によって味が全く違ってくる料理だなぁと実感しますね。

やっぱりタイ料理の中でもハードルの高い料理だなって思う。
作るのは簡単だし原価も安いけど私がタイ料理屋ならメニューに入れたくない(笑)。

★器メモ:中田雄一さんの7寸リム鉢
乳製品アレルギー対応
-->




「ベトナム風 豚肉団子入りつけ麺(ブンチャー)」
ブン(米麺)
豚挽肉
青葱
赤玉葱
にんにく

ヌクマム
胡椒
付け合わせ(大葉、香菜、胡瓜、青葱、かいわれ菜、かぼす)
つけダレ(湯、にんにく、赤唐辛子、ヌクマム、砂糖、レモン)
(費用計:550円程 豚肉400円)
 
ひと夏のうち、一度は食べておきたいベトナムのつけ麺「ブンチャー」。
肉団子入りの甘酸っぱいタレに米麺を浸して食べるベトナム北部の有名料理です。

定番のタレ「ヌクチャム」を適当に薄めて、
これまた適当に作った肉団子を合わせれば大体美味しく出来あがります(笑)。

ベトナムの米麺「ブン」は戻した後にさっと茹でてますが、
茹で加減を間違えるとドロドロになってしまうのでブンでは無く
日本の素麺で作った方が失敗がないのかも・・・

と、一度失敗して泣きを見たysykさんなのでした(´ε`)

★器メモ:林拓児さんの貫入折口鉢 などなど
乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
-->