<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「ナポリタンスパゲッティ」
スパゲッティ
粗挽きソーセージ
玉葱
にんにく
ほうれん草
ケチャップ
白ワイン
バター

胡椒
(費用計:450円程 ソーセージ200円)

お昼に作った「ナポリタン」。
今年の夏に遅延型フードアレルギーの結果が届き、それ以来食べずにいたパスタですが、
土井善晴さんのレシピがあまりにも美味しそうだったので思わず作っちゃいました。

「ケチャップを焼く」というのが何よりものポイントだそうですよ!
よくあるナポリタンよりも味わい深い仕上がりで、確かに美味しかったです。

ただ、ご存知の方も多いとは思いますが、
小麦はアレルギーの問題以前に食べ過ぎる事自体が病気にまっしぐら(!!)なので、
美味しかった、でもやっぱり罪悪感が・・・という複雑な気持ちでいます。。
調べれば調べる程、小麦って怖いんですよね〜〜。

幾ら身体に良い野菜や果物を沢山食べていても、
身体に悪い物を食べてたら意味が無いと言う事を最近強く実感します。

かといって止められないんですが(´Д`;)

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
卵アレルギー対応/大豆アレルギー対応
-->




「ツナと豆苗の柚子胡椒パスタ」

スパゲッティ
ツナ缶
豆苗
にんにく

柚子胡椒

オリーブオイル
(費用計:300円程 ツナ缶170円、豆苗100円)

簡単だけどとっても美味しかったのでオススメなパスタがこちら、
大島菊枝さんの「豆苗とツナのゆずこしょうパスタ」

にんにく+オイルベースのパスタに豆苗とツナ、柚子胡椒を追加しただけの
シンプルなメニューなんですが相性ぴったりで凄く好きな味でした!
パスタにツナは鉄板ですね〜〜。

写真の奥に写っているのは先日失敗した「チュニジアンサラダ」のリベンジ。
今回はフルーツトマトで作りフェンネルもたっぷりと加えたので美味しかったです(´ε`)

★器メモ:イイホシユミコさんのオクシモロンプレートL
-->




「にんにくバターパスタ」
スパゲッティ
にんにく
バター
パルミジャーノレッジャーノ

胡椒
(費用計:200円程)
 
オリーブオイルを切らしてしまったので
オイルを使わずに作れるパスタを…という事で、

エリザ・マシアーニさんの「私の愛するイタリア料理」から
「にんにくバターパスタ」をチョイス。

茹でたパスタを微塵切りのにんにく+バター+パルミジャーノレッジャーノと
和えるだけの簡単レシピです(゚∀゚)

バターを室温に戻して馴染みをよくさせる事を怠らなければ失敗知らず。
にんにくとチーズの風味がしっかりとたっているのであっさりし過ぎず、
旦那さん受けも良く好評でした。たまにはこんなパスタも良いですね〜。

★器メモ:イイホシユミコさんのオクシモロンプレートL
-->




「オリーブとケイパーのトマトパスタ(プッタネスカ)」

スパゲッティ
にんにく
赤唐辛子
ケイパー
アンチョビ
緑オリーブ
黒オリーブ
ホールトマト
パルミジャーノレッジャーノ

オリーブオイル
(費用計:400円程)
 
久し振りに「プッタネスカ」。
アンチョビ、ケイパー、オリーブといった常備材で作れる人気のパスタメニューですが、
パスタはトマトソースが一番好きな我が家でももれなくお気に入り。

お肉やお魚を使わなくても満足出来る食べ応えがあるのが良いですよね。

真中陽宙さんの「PASTA」 を参考にして作ってますが、
個人的に味の決め手はたっぷり加えるアンチョビにあると思っとります。
ケチらずにしっかりに使うと美味しく仕上がりますよ!
私は2人分(パスタ200g)で15g使ってます。

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
-->