<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->



「今日食べた物は、明日の私の体をつくる物」という言葉から始めたこの料理ブログも、もうすぐ丸4年が経ちます。
 振り返ってみて

野菜を多く摂ってきたなぁ…
旦那さんの中年太りも無く健康診断の結果も良好…

と、まずまずの結果を残してきたと自負はしているんですが、
「もっと踏み込んだ食事管理をしよう!」 と思い、遅延型フードアレルギー(IgG)検査を受けておりました。



蕎麦や甲殻類などに代表される即時型フードアレルギー(IgE)は有名ですが、
日本では認識度が低い事に加え、アレルゲンの影響が分かりやすく出ないのが今回検査を受けた遅延型(IgG)。

病院に足を運ばずとも、ネットでぽちっとして届いたキットを使って簡単に調べられる事が分かったので、
複数の機関があるなか私は「アンブロシア株式会社(ambrosia)」でお願いしました。

 手軽ですがお値段は良いレベルします。。アベノミクス効果で旦那さんの夏ボーナスが例年以上だったので思いきったった…!
 素人が色々書くと誤解を生じそうなのでIgGやその対応に関するの詳しい内容はリンク先にてご確認ください。


写真は私の結果の一部。
96項目のアレルギー反応の強さを0から6段階で表していてレベル3〜4以上は除去すべき食材になります。
我が家の結果は以下の通りで、

私…【卵】【乳製品】が抜きんでて高くレベル5超え。
  その他には大豆をはじめとする【豆】【製パン用イースト】【醸造用イ−スト】【麦】【マッシュルーム】も除去レベル。。
  つまり【卵】【乳製品】に加え【和食の調味料全般】【大豆食品全般】【きのこ全般】小麦系の【パン】【麺】、
  更には【ケーキ】や【アイス】など洋風デザートの類も制限すべきというフルボッコ状態(´Д⊂
    実は私は一卵性双生児の片割れで、双子の妹はマニアレベルのパン&お菓子焼きブロガー。妹は大丈夫なんでしょうか?(笑)。 

夫…一部の【豆】がレベル4。高レベルは少ないが中軽度(レベル2〜3)の項目数が非常に多い。
  大好きな野菜に中軽度反応が多いという皮肉な結果(苦笑)。

なんとなく想像がついていた食材と意外な食材とがいろいろで面白い結果でした。
私の場合は普通に生活していたら必ず食べる食材に高く反応していたので、検査してみて良かったですね(泣ける結果でしたがw)。

二人のNG食材をまとめるとこれからの料理に制限が出てきてしまうけれど、
何気なく続いている身体の不調の一因がこのフードアレルギーだという事も多くあるそうなので、除去食頑張ります。

と言っても除去対象=一生食べられないという訳では無く、

・レベル4〜6(高反応)=6ヶ月間の除去
・レベル3(中反応)=3ヶ月間の除去
・レベル0〜2(低反応)=現状のままでok

と、それぞれのレベルにあった期間食べる事を制限すれば腸内の抗体免疫が減っていくので、
制限後の再検査の結果次第ではまた適度に食べ始めても良い事になるんだそう。

今はアレルギーを起こさない食材でも、それを毎日のように食べ続けるとその内アレルゲンに変化してしまうらしく、
食材は4日に1回という風にローテーションで食べて行くのが良いんだそうですよ。

そんな訳で、これから料理内容が大きく変化して行きそうです。
体調の変化に気が付いたら報告しますね!(゚∀゚)
私はNG食材が多すぎな結果だったので除去すれば効果が見えるはず・・・!

三十路なysykさんはアンチエイジング効果に一番大きな期待をしています(笑)。
-->