<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「タイ風 牛肉のステーキ(ヤムヌア)」

ステーキ用牛肉
にんにく
赤玉葱
胡瓜
香菜
赤唐辛子
ヌクマム
シーズニングソース
砂糖

胡椒
(費用計:850円程 みすじ肉750円)

今年のクリスマスイブは、季節感を全く無視でタイ料理。

お肉コーナーで珍しく「みすじ」のステーキ肉(安かった)があったので、
タイの牛肉サラダ「ヤムヌア」にしました(´∀`人)

作り方の参考元は、鈴木都さんの「本場仕込みのタイごはん」
室温に戻し下味を付けた牛肉をさっと焼いて、後は葉野菜の上に乗せ
定番タレ「ヤムソム」を掛けて頂きます。

みすじのステーキは初めて食べたんですが、
びっくりするくらい脂が凄くて・・・。

旦那さんはその柔らかさにテンションMAXで喜んでましたが、
私は年齢的にもう脂がキツく完食するのが辛かったっという(笑)。

もも肉くらいで作る方が良さそうです。。

★器メモ:中田雄一さんの7.5寸リム皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「牛肉と里芋の煮物」

牛肉薄切り
里芋


そら豆醤油
砂糖
胡椒
(費用計:750円程 和牛600円)
 
土井善晴さんのレシピで作ってみた牛肉と里芋の煮物。

里芋は薄味で食べる方が好きなので、
レシピよりも調味料控えめで作ってみましたが
ちょっと微妙な仕上がりでした(´ε`;)

里芋とお肉の組み合わせの煮物は
コッテコテに仕上げた方が美味しいのかも〜〜〜。

★器メモ:林拓児さんの楕円皿・中
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/大豆アレルギー対応/小麦アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->




「中華風 牛肉のカリカリ炒め(乾焼牛肉絲)」

牛もも肉、肩ロース肉
白葱
青葱
生姜

そら豆醤油
豆豉
花椒
一味唐辛子
(費用計100円程 天童牛ふるさと納税での頂き物)
 
作ってみたいなーと長年思い続けていたウーウェンさんの「牛肉のカリカリ炒め」。
何故今まで作れなかったか、というと牛肉がお高いから(笑)。

しかし、今年はふるさと納税で頂いた天童牛の焼肉用肉が600gもあるっ!
って事でやっと夢叶って作る事ができました(´∀`人)

レシピの参考元は、ウーウェンさんの「大好きな炒めもの」
中国・四川省の「乾焼牛肉絲」という料理なんだそうです。

肉の水分が完全に無くなるまでしっかり炒めてから
その他の材料の香りや旨味を吸わせるだけなので、
牛肉さえ手に入れば作るのは簡単(笑)。

水分を飛ばしたら旨みが無くならないの?と思いましたが、
ビーフジャーキーのように旨みが噛む毎に出てくるのでそんな心配は不要でした。

ご飯のおかずと言うよりは、お酒の肴に良さそうな感じ。

★器メモ:久野靖史さんの輪花7寸皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->




「牛肉と大根の煮物」

牛バラ肉薄切り
大根
生姜

そら豆醤油
味醂
佐藤
(費用計:450円程 牛肉300円、大根100円)
 
 3cm程に輪切りにした大根を24時間冷凍させると
 適度に組織が壊れて煮上りと味の含みがよくなる

という話を聞いたら
いてもたってもいられなくなり早速挑戦してみました(゚∀゚)

厚みは1〜1.5cm程にし冷凍する時間は短めで調整。
凍ったまま調理するだけでどう変わるのかなー?とワクワクして作ってみましたが、

お〜〜!確かに味の含みが良いのは実感できました!
20分程程度にしか煮てませんが、中心まで味がしっかりと入っていて

 いや、寧ろここまで味を含まなくても良かったんですけど・・・

と思うほど(笑)。

食感も結構柔らかくなっていたので、
これはおでんに使えそうな冷凍テクニックですね。

おでん・・・未だ作った事がありません。。
今年も実家の母親のおでんが楽しみ←

★器メモ:中田雄一さんの7寸リム鉢
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->