<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「ベトナム風 ミートボールのトマト煮」

合挽き肉
トマト
香菜
赤玉葱
にんにく
レモングラス
ヌクマム
シーズニングソース
砂糖

胡椒
(費用計:700円程 合挽き肉450円、トマト200円)
 
大好きなベトナム風「トマトの肉詰め」を味付けはそのままに
モロッコの「ミートボールタジン」スタイルに変えて作ってみました(ややこしい)。

トマトは缶詰ではなくフレッシュな物を使いましたが
トマトの美味しい季節はとうに過ぎてしまったようで・・・酸っぱい仕上がり(;´Д⊂)

そうです。
残念な結果です。

来シーズンにリベンジしようと思いつつもおとなしく(アレンジなんぞせず)
ベトナム風トマトの肉詰めかモロッコ風ミートボールタジンのどちらかを
作ればいいじゃないと思わなくもない。

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「モロッコ風 ミートボールとアスパラガスの蒸し煮」

粗挽き合挽き肉
アスパラガス
赤玉葱
にんにく
パセリ
香菜の根
ターメリック
クミンパウダー
ジンジャーパウダー

胡椒
(費用計:800円程 挽肉550円、アスパラ180円)
 
 野菜は高いがアスパラガスは何故か安い(゚∀゚)

って事で、小川歩美さんの「家庭で楽しむモロッコ料理」
「牛ひき肉とグリーンピースのタジン」を合挽き肉&アスパラガスで作ってみました。

使うスパイスは定番の物ばかり。
ターメリックとクミンパウダーを常備している人は多いかと思いますが、
ジンジャーパウダーも用意しておけば気軽にモロッコ料理が作れますよ〜〜。
(モロッコ料理での登場率はかなり高いです。)

ミートボールのタジンはトマトベースの物が大好きでよく作っていますが、
これはそちらよりもパクチーの風味がきいた大人味に仕上がりました。

トマトベースの方が幾らでも食べられちゃう味ですが、
こちらはお皿の量(てんこもりw)で充分満足。

個人的にはトマト派だなーと思いましたが、
レシピ通りの牛挽肉で作るとまた違う感想が出そうな気がするので、
次はそれでチャレンジしてみよっと。

★器メモ:中田雄一さんの7寸リム鉢
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応/醸造用イーストアレルギー対応
-->




「ベトナム風 トマトの肉詰め」
合挽き肉
トマト
香菜
赤玉葱
にんにく
レモングラス

生パン粉
ヌクマム
シーズニングソース
砂糖

胡椒
(費用計:850円程 合挽き肉550円、トマト200円)
 
見た目が最高に可愛いトマトファルシ(´∀`人)
今日は珍しく欧風料理?と見せかけて、実は「やっぱり」ベトナム風です(笑)。

レシピの参考元は、
足立由美子さん伊藤忍さん鈴木珠美さんの共著「はじめてのベトナム料理」なんですが、
ほぼ同じレシピがこちらにも掲載されていたのでリンク貼っておきますね。

肉ダネをトマトに詰め、表面を焼きつけてからソースで煮るだけなので
雰囲気の割にはとっても簡単にできましたよ〜〜。

久し振りに作ったら、これってこんなに美味しかったけ!?と目から鱗。
トマトの濃い旨みが最高に美味しくて旦那さんにも好評でした。

ヌクマムとシーズニングソースを使っているので、意外とご飯と相性が良いんですよ。

手軽だし美味しいし可愛いしと良い事づくしなので、今後頻繁に食べたくなりそうです。

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
乳製品アレルギー対応
-->




「モロッコ風 ミートボールのタジン(ケフタ・ベ・タマテム)」
合挽き肉
パセリ
にんにく
香菜の根

トマト缶
クミンパウダー
パプリカパウダー
ジンジャーパウダー

胡椒
オリーブオイル
(費用計:550円程 挽肉380円、トマト缶100円)
 
モロッコ料理の中でもよく作るのがこの「ミートボールタジン」。
トマトソースに肉団子と卵を落としたタジンで、スパイス効果なのか
いつ作っても安定した美味しさがあるのでお気に入りの一品です(´∀`)

レシピは

「旅する料理教室」マリカ・カワチさん
小川歩美さんの「家庭で楽しむモロッコ料理」

を参考にしています。
スパイスさえ揃えれば結構簡単に出来ますよ!

いつかは現地風に牛挽肉のみで作りたいなーと思いつつも
やっぱりお値段お安めな合挽き肉で作ってしまいます(笑)。

★器メモ:ストウブのオーバルホットプレート
乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応/醸造用イーストアレルギー対応
-->