<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「渡り蟹と栗、銀杏の炊き込みご飯」
白米
もち米
渡り蟹(ガザミ)

銀杏
出汁

薄口醤油
(費用計:600円程 渡り蟹300円)

お手頃価格だった小振りな渡り蟹が、
愛用しているストウブ鍋にピッタリなサイズだったので炊き込みご飯にする事に。

昨日の「鯖ご飯」同様に今日も有名料理店のメニューを参考に、
蟹の他に栗と銀杏も加えて作ってみました。銀座「水野 Ginza」の記事がネタ元です。

調味はいつも通りに野崎洋光さん流の「出汁10:酒1:薄口醤油1」の割合。
これはどんな具材でも品の良い味に仕上がりますね〜(゚∀゚)

炊いてる最中、蟹や栗の良い匂いが充満するので「早く食べたい!」モードに入るんですが、
渡り蟹の身をちまちま取り出すのに非常に手間が掛かり焦らされました(笑)。

蒸された蟹は身がとってもしっとりでクリーミーだったけど、
ご飯に混ぜ込むと蟹の味がかき消されちゃったのがちょっと残念(美味しいけど)。

今回は合わせ出汁で炊いたから旨み成分が多すぎたのかな。
シンプルに昆布出汁でも良かったかも。

★器メモ:ストウブ ラウンドピコココット18cm
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->



-->



comment







trackback