<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「鯛おこわ」
もち米
鯛のあら
大葉
自家製ゆかり
出汁昆布

金胡麻
(費用計:600円程 鯛のあら300円)
 
以前作った「鯛おこわ」が手前みそながら絶品だったので、また作りました。
鯛ご飯は炊き込みご飯も美味しいですが、私は断然おこわ派〜(´∀`人)

作り方は以下の通りで、ちょっと手間が掛かります。

<鯛の出汁作り>
 ・鯛のあらを綺麗に洗い、塩を振って30分程置いておく(臭みを出す為の下処理)
 ・鯛のあらから出た水気を拭き取り、魚焼きグリルでこんがりと焼く
 ・鍋に水と出汁昆布を入れ、焼いた鯛のあらを加えて火にかけて出汁を取る(途中で昆布は取る)
 ・あらかた出汁が取れたら鯛のあらを取り除き、身をほぐしておく

<鯛おこわ作り>
 ・洗ったもち米を鯛の出汁に浸水させて数時間(3時間以上)置いてから蒸す
  (鯛の出汁の旨味をしっかりと吸わせる!)
 ・途中で鯛の出汁に塩を加えた物を振りかけて更に蒸す
 ・蒸し上がったところでほぐしておいた鯛の身を加えて蒸らす

仕上げは大葉とゆかり、金胡麻を振れば出来上がりです。

鯛の出汁は複数回分とれるので、鯛の身は
初回はあら、二回目以降はお刺身用の柵で作ってみてください。
お刺身用の柵を使った方が美味しいので、二回目以降からの方が美味しいです(笑)。

★器メモ:小石原焼・翁明窯さんの8寸浅鉢
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応/醸造用イーストアレルギー対応
-->



-->



comment







trackback