<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「栗の渋皮煮」

大根
重曹

砂糖
醤油
(費用計:600円程 栗480円)

今年は「栗の渋皮煮」と「栗の甘露煮」を作ってみたいなーと思っていたものの、
去年のようにあまり栗に出会う機会が少なく後回しにしていたら、栗の季節が終わりそうな気配が
してきたので、焦って栗を入手(´Д`;)

そんな訳で急いで「栗の渋皮煮」に初挑戦してみました!

作り方の参考元は、野崎洋光さんの「美味しい方程式の原点」
一般的な作り方は、栗を何度も茹でこぼして作る方法が多いですが、今回栗のアク抜きに使うのは「大根おろし汁」!

大根おろしと重曹を入れてアルカリ化させると、アク抜きが上手くいくのと同時に栗の色もよく仕上がるんだそう。
柔らかく煮たら掃除をして一度だけ茹でこぼし、あとは蜜で煮れば出来上がりという簡単さなので、
平日の夜にも気軽に出来ました(゚∀゚)

写真は一晩シロップに漬けて寝かしておいたもの。
改善点は幾つか見られたものの、栗の風味がしっかりと感じられる美味しさでまずまずの出来栄えでは。

少し心配していたアク抜きで使った大根おろしの風味は、全く残って無く美味しく出来たので
これから「栗の渋皮煮」に大根おろしは必須になりそうです。
-->



201605

11

Wednesday

-->



comment



栗の渋皮煮

皮を、上手に剥くのに手間暇かかったでしょ?

凄いなぁ

食べたいなぁ〜(笑)


渋皮煮はあまり食べた事が無いので、
上手く出来てるのか駄目なのか良く分からなかったりするんですよねー(笑)。
美味しければ良いやっていう(´ε`)

皮は、栗ご飯の場合は鬼皮と渋皮を剥かないとけないのがすごーーーくツライんですが、
渋皮煮は鬼皮だけで良いので、それと比べると楽ちんでしたよ☆
新栗で作ると美味しいという情報を入手したので来年はまた作りたいと思ってます(゚∀゚)








trackback