<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「タイ風 野菜のミートソースディップ(ナムプリックオーン)」

豚挽肉
トマト
赤玉葱
赤ピーマン
にんにく
赤唐辛子
カピ
砂糖
野菜各種
(人参、胡瓜、蓮根、いんげん、カリフラワー、
 赤ピーマン、ラディッシュ、青大根、赤大根)
(費用計:500円程 豚肉200円)

タイ北部のチェンマイの名物料理「ナムプリックオーン」。
野菜をディップして食べる、女子が大好きなアレです。

鈴木都さんの著書にも載っているけど、より手軽なレシピだった
味澤ペンシーさんの「10分で野菜の本格タイごはん」を参考にして作ってみました。

海老の発酵調味料「カピ」を使いましたがクセは無くて、食べ易かったですね〜〜。
でもちょっと単調な印象があったので、鈴木都さんのレシピのように
タイハーブを使って作った方が良かったかも〜(´ε`)

チェンマイ料理に合わせて、黒米入りおこわも用意しましたよ。

★器メモ:中国の素焼き小鉢、ベトナムで購入したカッティングボード
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
-->




「タイ風 牛肉のステーキ(ヤムヌア)」

ステーキ用牛肉
にんにく
赤玉葱
胡瓜
香菜
赤唐辛子
ヌクマム
シーズニングソース
砂糖

胡椒
(費用計:850円程 みすじ肉750円)

今年のクリスマスイブは、季節感を全く無視でタイ料理。

お肉コーナーで珍しく「みすじ」のステーキ肉(安かった)があったので、
タイの牛肉サラダ「ヤムヌア」にしました(´∀`人)

作り方の参考元は、鈴木都さんの「本場仕込みのタイごはん」
室温に戻し下味を付けた牛肉をさっと焼いて、後は葉野菜の上に乗せ
定番タレ「ヤムソム」を掛けて頂きます。

みすじのステーキは初めて食べたんですが、
びっくりするくらい脂が凄くて・・・。

旦那さんはその柔らかさにテンションMAXで喜んでましたが、
私は年齢的にもう脂がキツく完食するのが辛かったっという(笑)。

もも肉くらいで作る方が良さそうです。。

★器メモ:中田雄一さんの7.5寸リム皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「ベトナム風 豚挽肉とパセリのスープ」
豚挽肉
パセリ
にんにく

ヌクマム
胡椒
(費用計:300円程)
 
我が家定番、豚挽肉を使ったベトナム風スープ。
そういえばこの野菜を組み合わせるのを忘れてたな・・・

って事で、パセリで作ってみました(゚∀゚)

個性の強い野菜で作ったスープの味が好きなので
パセリにも期待していたのですがスープにすると癖が和らぐのかな?
あの強い主張がどこにもいませんでした。

食べ易くなるのでパセリが余った時はスープにしちゃうのっていうのは良いですね。

★器メモ:ベトナムで購入した小丼
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/大豆アレルギー対応/小麦アレルギー対応
-->




「麻婆大根(マーボー大根)」
豚肉切り落とし
大根
生姜
にんにく
豆板醤
甜麺醤
鶏ガラスープ

そら豆醤油
砂糖
水溶き片栗粉
(費用計:300円程 黒豚200円)
 
大根の消費の為に今日の晩御飯は「麻婆大根」。

いつもは鶏肉でアッサリ味に作っていましたが、
今日は豚肉&甜麺醤を加えて少しコッテリ味に作りました(゚∀゚)

しかし、麻婆料理って豆腐も茄子も旦那さん受けが良いのに
大根の場合のテンションの低さったらなんなんでしょ。

★器メモ:ストウブのオーバルホットプレート
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「鯵と葱の蒸し焼き」


白葱
そら豆醤油
オリーブオイル
(費用計:400円 鯵300円)
 
鯵がお安かったので、ここぞとばかりに前々から作りたかった
有元葉子さんの「あじねぎ」を作ってみました。

醤油のみというシンプルな調味料で、
調理法もフライパンで焼くだけとシンプル!!
(私は蒸し焼きにしました。)

ん?これならグリルで焼いて醤油を掛けて食べれば…
という疑問がわきますが、

一緒に焼いた白葱が美味しいのです!
白葱好きさんにオススメ(゚∀゚)

★器メモ:林拓児さんの楕円皿・中
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/大豆アレルギー対応/小麦アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->