<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「豚挽肉と野菜のカレースープご飯」
白米
豚挽肉
新生姜
唐辛子
カレー粉
ローリエ
ブイヨン
醤油
トッピング
(大葉、春菊、胡瓜、おくら、赤玉葱、とうもろこし、新生姜)
(費用計:450円程 挽肉150円)

メニューのマンネリを解消すべく、今日はちょっと変わった晩ご飯。

渡辺麻紀さんのレシピを参考にして作った「ひき肉カレースープご飯」で、
ご飯の上に各種野菜とカレー風味の挽肉入りスープをかけて食べるお茶漬け風ご飯です。

レシピよりも新生姜の量を多くして、ピリ辛味にしました(゚∀゚)
直感では「豚ではあっさりしてそう・・・牛の方が良さそうかなぁ」と思ったものの、

生憎挽肉のストックが豚しか無かったのでレシピ通りの豚挽肉で作りましたが、
やっぱりあっさりしていてパンチ不足は否めなかったです。

ただ、作りたてよりも少し寝かして味をなじませた方が美味しいのか、
残業で帰ってきた旦那さんは「美味しい!!また作って!!」と、えらく好評でした。

次回作る時は牛挽肉で作ろうかな。

★器メモ:イイホシユミコさんのオクシモロンボウル
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「ベトナム風 チキンカレー(カリーガー)」

骨付き鶏もも肉
玉葱
赤玉葱
にんにく
さつま芋
おくら
レモングラス

ココナッツミルク
ヌクマム
シーズニングソース
カレー粉
チリパウダー

砂糖
(費用計:900円程 鶏肉350円、さつま芋100円、レモングラス自家栽培)

暫くの間blogをお休みしていましたが、
先週末から行っていたウズベキスタンから無事に帰国しました(゚∀゚)

現地のレシピ本を購入してきたので、その内ウズベク料理も作る事になるでしょう。
(サラダの種類が豊富で美味しい国でしたよ〜。果物も美味しかった!)

しかし帰国早々に作ったのは、
旅行前から無性に食べたくなっていたベトナムのチキンカレー「カリーガー」。
帰国後の買い出しでちょうど国産若鳥の骨付きもも肉が特売だったのは、きっと運命!
個人的に一番好きなカレーです(´∀`)♪いわゆる日本のお家カレーは好きじゃない…

色んな作り方がありこれまで何度も作っていましたが、
私はさつま芋は素揚げしてから仕上げに加えるのがお気に入り。
さつま芋の甘味が美味しいカレーだと思っているので、この一手間は外せません。

鶏肉はいつもは「骨付きもも肉1本+もも肉1枚」で作っていて、
今回は特売だった事もあり「骨付きもも肉2本」で初めて作ってみましたが、旨味過多な気がする仕上がりでした。

もも肉では無く「手羽元」だけで作ると逆に旨味が足りなかったりするんですよね。
「骨付きもも肉1本+もも肉1枚」で作るのが丁度良い塩梅で好みみたいです。

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
-->




「チキンカレー」
鶏手羽元
生姜
玉葱
にんにく
赤唐辛子

トマト缶
ヨーグルト(無糖)
カレー粉
ケチャップ
顆粒コンソメ

バター
(費用計:600円程 手羽元250円、ヨーグルト100円)

手羽元を持て余していたので、
クックパッドで超有名な「簡単☆チキンカレー(中毒性あり) 」に挑戦してみました。

生憎ウスターソースも類似のとんかつソースも無かったので、
ケチャップの他に毎朝飲んでいるグリーンスムージー(パイン+バナナ+パセリ)も少し投入(笑)。
(ウスターソースが「野菜・果実の旨味とスパイシーな味わいのソース」なので。)

見た目はお店で食べる様な美味しそうな雰囲気に出来ましたが、
やっぱりウスターソースが無いと味が決まらないのかな〜?

馴染んだ方が美味しいと思い、朝一番に作っておいてから夜に味を見たところ
味に深みが無く軽い仕上がりで物足りなかったので、たまらず顆粒コンソメを追加しちゃいました(´Д`;)

スリランカで購入したカレー粉との相性も悪かったのかな?カレーの本場だけど
ルーを使わずに作るカレーなら、個人的には「ベトナムカレー」の方が中毒性があって好きですね。

カレーは味の幅が広いので自分が食べたい味に仕上げるのが難しい!

★器メモ:イイホシユミコさんのオクシモロンボウル
-->




「合挽き肉とトマトのキーマカレー」
合挽き肉
グリーンピース
玉葱
生姜
にんにく
ホールトマト缶
無調整豆乳
レッドカレーペースト
カレー粉
クミンシード

(費用計:500円程 挽肉300円、トマト缶120円)

今日の晩御飯は「キーマカレー」。
この手のカレーは作りたてよりも味が馴染んだ頃の方が美味しいので、
晩ご飯時にちょうど良くなるように予め作っておきました(´ε`)

カレー粉だけでなく、タイ料理のレッドカレーペーストも加えたら辛みがしっかりとたち、
よりカレーらしくなったような気がします。

★器メモ:ベトナム製 Chuan kuoのパスタプレート
-->