<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「ベトナム風 豚挽肉と大根のスープ」

豚挽肉
大根
大根葉
にんにく
みず
ヌクマム

胡椒
(費用計:350円程 豚肉280円)

旦那さんからの熱いリクエストで
ベトナム風「春菊スープ」を週1ペースで作っているんですが、
今日は春菊では無く大根で作ってみました。

作り方は春菊の時とほぼ同様で、

1)豚挽肉にヌクマム、胡椒、微塵切りにしたにんにくを加えてよく混ぜる
2)鍋で(1)を炒め、水を加えて暫く煮出す(途中で大根も加える)
3)ヌクマム、塩、胡椒で味を調え、仕上げに切った大根葉をどっさりと加える

なだけ。
豚の出汁をしっかりと取ればあとの調味料はテキトーで大体美味しく出来ます。

大根葉を仕上げに加えてみたら、彩りは良いのだけど
シャキシャキ食感が歯にしみる〜〜(´Д`;)

★器メモ:林拓児さんの貫入折口鉢
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/大豆アレルギー対応/小麦アレルギー対応
-->




「蓮根と生姜のスープ」

蓮根
生姜
香菜
鶏ガラスープ

胡椒
胡麻油
(費用計:150円程)
 
お野菜だけで作れる簡単スープを・・・って事で、
「ウー・ウェンさんちの定番献立」を参考に「れんこんとしょうがのスープ」にしました。

蓮根も生姜も風邪予防にピッタリ。
材料を大きめの乱切りにしてから麺棒で繊維を叩き崩すと
野菜のエキスが出て良い出汁になるんだそうです(゚∀゚)

しっかり煮たので蓮根がモッチモチ。
うーんで、シャキシャキ食感の方が好みかなー。

次はさっと煮る程度にしてみようと思います。

★器メモ:阿南維也さんの灰釉鎬広口小鉢
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
-->




「豚汁」

豚バラ肉薄切り(しゃぶしゃぶ用)
大根
人参
牛蒡
里芋
さつま芋
板蒟蒻
煮干し出汁
味噌

そら豆醤油
(費用計:950円程 豚肉400円)

 
ここのところ風が強くて肌寒いので既にカシミアニットを着込んでおります。。
そんな訳で今日は冬の大定番「豚汁」にしました。

我が家は、

・出汁は煮干し出汁
・味噌は二度に分けて加える(味は薄め)
・酒と醤油を極少量加える
・具材は定番の物に加え、さつま芋は必須
・具材は炒めない
・豚肉は霜降りしておき仕上げに加える
・(2人家族だけど)大鍋いっぱいに作る

な感じで作ってます(゚∀゚)

去年、胡麻油やにんにく、生姜、バターといった
隠し味を加えたバリエーションを色々と試しましたが、

やっぱりフツーが一番という結論。

★器メモ:イイホシユミコさんのオクシモロンボウル
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「鶏挽肉と生姜のスープ」

鶏ささみ(挽肉の代用)
生姜



紹興酒

胡椒
(費用計:150円程)
 
今日の献立にあっさり味のスープが欲しいなーと探していたら
菰田欣也さんの「鶏ひき肉としょうがのホットスープ」が冷蔵庫の中身とドンピシャ!
運命を感じ早速作ってみました(゚∀゚)

その名の通り生姜を加えて作るスープなのですが、
すりおろし生姜では無く、みじんぎり生姜にするのがコツだそうです。
生姜の存在感を大きくさせて塩分を少なくさせる狙いみたいです。

鶏ガラスープの素も使わず、鶏挽肉だけの出汁で作るのでさらにあっさり味。
単品で食べて美味しい!と感じさせたい場合は鶏ガラの素を使った方が良いとは思いますが、
無くても美味しかったですよ〜〜。

★器メモ:福岡のスリービーポッターズで購入したスープカップ
乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
-->