<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->




「中華風 豚肉と人参、ズッキーニの象眼炒め」

豚肉切り落とし
白葱
人参
ズッキーニ

黒酢
そら豆醤油

胡椒
(費用計:350円程 黒豚200円、ズッキーニ100円)
 
主菜同様にこちらも「桃の木」小林武志さんの「やさしい野菜中華」から。
「にんじんとズッキーニの象眼炒め」です。

以前、豚肉を少なめの野菜メインで作ったら美味しかったので、
今回は豚肉を多めで作ってみました。

前回同様に黒豚を使ったので、さぞや美味しく仕上がるだろうと踏んでいたのですが
なんとなく前回の豚肉少なめの方が美味しかった気がする〜(´・ω・`)

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/大豆アレルギー対応/小麦アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->




「タイ風 豚もも肉の唐揚げ(ムートート)」

豚もも肉ブロック
にんにく
香菜の根
シーユーカオ
オイスターソース
シーズニングソース
フライドオニオン
胡椒
小麦粉
(費用計:450円程 豚肉300円)
 
タイの豚の唐揚げ「ムートート」。
本来は豚バラ肉で作る料理ですが今日は豚もも肉で作ってみました。

作り方は豚バラ肉と同様に、固まり肉を適度な大きさに切ったら
スリースパイス+各種調味料+フライドオニオンで下味を付け、
衣(小麦粉+水)を絡めて揚げるだけ。

豚もも肉だと豚バラ肉よりも安価なので、いっぱい出来た〜(゚∀゚)
中心がほんのーりとロゼ色の良い揚げ具合に出来てホクホクです。

でも味はやっぱり本家の通り豚バラ肉で作った方が美味しいかも。
以前豚バラ肉で作った時は赤身のお肉部分よりも脂身の方が美味しかったので
次は脂身が多すぎる豚バラ肉で作ってみようかと思います(笑)。

★器メモ:中田雄一さんの7.5寸リム皿
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応
-->




「豚肉とさつま芋のバター醤油炒め」
豚肉切り落とし
さつま芋
絹さや
バター
そら豆醤油
味醂
砂糖
胡椒
小麦粉
(費用計:400円程 黒豚200円)
 
めちゃめちゃ美味しいのに存在をすっかり忘れていた
杉本節子さんのレシピ「さつまいもと豚肉のバター醤油焼き」

思い出して作ったら悶える程に美味しくて、
今まで作っていなかった事を激しく後悔しました(´艸`)

さつま芋料理は男性受けが悪いから・・・と、
躊躇されるかたもいらっしゃるかもですが

そこは安定したバター醤油味。

我が家の旦那さんには抜群の受けでした(笑)。

豚肉の下味はレシピの塩胡椒では無く、少量の醤油に変えるのがオススメ。
豚肉はちょっと良い物を使うと皆大好きな味に仕上がりますよ♪

★器メモ:照井壮さんのデルフト深皿
卵アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->




「豚肉とわかめの葱風味和え」

豚肉薄切り(しゃぶしゃぶ用)
白葱
にんにく
わかめ
そら豆醤油
黒酢
砂糖

胡椒
金胡麻
(費用計:550円程 豚肉400円)
 
小川聖子さんのレシピを参考にして作った
豚肉+白葱+わかめという、ちょっと変わった組み合わせのナムル風和え物。

美味しそう〜〜!!と思って作って、
実際に食べてみて美味しい〜〜!!と思ったのだけど、

これは出来たてをすぐに食べた方が良い料理なのかも?

時間が経ったものは白葱の辛味が前面に出てきて大変にな味になってました(゚∀゚;)
(しっかり水に晒しはしたんですが・・・分量が多かったのかなー。)

お弁当とかには白葱抜きで作った方が良いかもです。

★器メモ:小石原焼・翁明窯さんの8寸浅鉢
卵アレルギー対応/乳製品アレルギー対応/小麦アレルギー対応/大豆アレルギー対応
※大豆、小麦不使用のそら豆醤油使用

-->